2015年

10月

07日

少しのわき見でも事故は起こります

 運転中、前ばかり見ているわけにはいかず、ミラーを確認したり、道路標識に目を配る必要があります。こうした視線移動は安全運転のために必要な行為であり、「すぐ視線を戻す」ということが無意識のうちに行われています


 しかし、助手席の荷物など車内の別の場所を見に行くときは、注意が必要です。


 さる9月21日午後2時ごろに、山形県鶴見市の堤防道路で、道路脇から横断してきた5歳の女児を26歳の女性が運転する軽乗用車がはね、意識不明の重体となる事故が発生しています。

 軽自動車を運転していた女性は、「助手席の荷物に一瞬目を移し、再び前を見たら女の子がいて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しています。


 女児は、堤防の階段を登って道路の横断を始めたということで、運転者が荷物を見始める前には、のり面にいて姿が見えず、「前方に何も危険がない」と油断してわき見をしてしまったものと思われます。


 こんな場所では、「一瞬だから大丈夫」と思っても助手席などを見るのは危険です。物を探して意外に長い時間わき見してしまうことがあるからです。


 また、バックミラー等の確認であれば顔が前を向いているので、歩行者など視界の中で動く物に気づく可能性もありますが、顔をそらしているとブレーキが遅れてしまいがちです。


 わき見は「一瞬でも油断できない」と肝に銘じて運転しましょう。


(シンク出版株式会社 2015.10.8更新)

■「2016運行管理者・配車担当者手帳」新発売

「2016運行管理者・配車担当者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、一冊の手帳に収録しています。

 カレンダーやメモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

 本年度よりカバーの色を深緑に変更いたしました。期間限定商品になりますので、お早めにお申し込みください。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。