2015年

11月

30日

積載物の転落に気をつけましょう

 積載物が道路に転落すると後続車が事故に巻き込まれることが少なくありません。

 

 また、荷物だけではなく車両に取付けられた金具等が振動で落下することもありますので、出発前に固縛の確認とともに車両に設置した装備・金具のガタツキなどを点検しましょう。

 さる11月18日に上信越自動車道で、車から落下した大型金具と木材が道路を塞ぎ、取り除こうと止まっていた車両の列に、後続トラックが前方不注意のため追突する事故が発生し、追突された乗用車の女性と同乗の女児が死亡し、8人が重軽傷を負いました。

 現場はトンネル出口付近で、「前をよく見ていなかった」という追突したトラック運転者の責任は重大です。

 さらに、落下物がなければこの事故は起こらなかったと考えられ、落とした運転者の責任も大きいといえます。事故前に通過した別のトラックの荷台下に取り付けてあった資材ボックスが何らかの原因で落下し、木材もそこから散乱したとみられています。

 なお、運転中に荷物等が転落したのを知りながらそれを放置すると、「転落積載物等危険防止措置義務違反」に問われます。高速道路の場合は停止して戻るのが危険ですから、荷などが転落した場合は速やかに道路緊急ダイヤル「#9910」に電話をして、落下物の回収を依頼してください。

(シンク出版株式会社 2015.11.30更新)

■交通事故と企業の責任について教育していますか

 「従業員の交通事故と企業リスク」は社有車を運転するにあたって知っておかなければならない、従業員の交通事故と企業リスクについて解説したビデオ=DVD作品です。

 

 事故を起こした際に負わなければならない「社会的・道義的責任と法的責任」、「企業の損失」についてドラマと解説を交えて、わかりやすく紹介しています。

 

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。