2015年

12月

02日

走行車の直前に割り込まない

 片側2車線道路を走行しているときに、センターライン側の車線から左側の走行車線に移動することがあります。


 そのとき走行車がいなければ問題が起こらないのですが、走行車がいてその前に入るときには、走行車の走行を邪魔にならないようにしなければなりません。


 さる11月23日午後1時40分ごろ、大阪市内の片側2車線の道路で、センターライン側の車線を走行していた軽乗用車が走行車線に移ろうとした際に、後ろから走行して来た観光バスに接触し、そのはずみで前車に追突する事故がありました。


 事故を起こした軽乗用車のように走行車の直前に入るというのは論外ですが、後ろの車が急なブレーキを踏まなければならないタイミングで車線変更してくる車は少なくありません。


 ヨーロッパなどでは、後ろの車にブレーキを踏ませる運転は最低の運転マナーと言われています。


 走行車の前に入るときには、自分の車のル―ムミラーにその車が写ってから入るようにしてください。

(シンク出版株式会社 2015.12.2更新)

■運転に悪影響を与える感情や行動をコントロールできていますか?

自己診断テスト「安全運転・自己コントロールレベル診断」は、運転に悪影響を与える感情や行動を、どの程度自己コントロールできているかを診断していただくことができます。


具体的に自己コントロールができていない要素に気づくことで、安全運転に結びつけていただくことができます。


【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月6日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。