2015年

12月

22日

運転中にスマホ画面を見るのは非常に危険

写真はイメージです。文中の事故とは直接関係ありません
写真はイメージです。文中の事故とは直接関係ありません

 運転中に携帯電話で通話していて漫然運転に陥り事故を起こす例は少なくありませんが、最近、スマートフォン画面を見ていてわき見運転をするケースも目立っています。

 

 さる12月12日午前9時ごろ、鳥取県倉吉市内の県道で、交差点の青信号にしたがって横断歩道を渡っていた歩行者2人が右折進行してきたワゴン車にはねられる事故が発生し、1人が死亡、1人が重傷を負いました。

 

 警察は運転者の女性(36歳)を現行犯逮捕しましたが、女性は「スマートフォンの画面を見ていて、歩行者に気づかなかった」とわき見運転を認める供述をしています。

 

 交差点でわき見をすることは非常に危険であり、言い訳のしようのない過失ですが、運転中にスマートフォンをカーナビゲーション代わりに使用したり、メールなどを読んでいるドライバーも多く、画面へのわき見をしている人も多いのでないかと気になります。

 

 スマートフォンのメール確認などは安全な場所で停止して行うようにしてください。また、カーナビとして使う場合は、専用の取付用具を購入してダッシュボードに固定し、音声案内を中心に使用するようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2015.12.22更新) 

■安全意識が低いと思わぬ事故の代償を払うことになります

軽い気持ちでした運転行動が、大きな過失責任へと結びつきます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。