2016年

1月

29日

バスの車両火災を防止しましょう

バスの車両火災多発

 国土交通省は2015年12月30日に 「バスの車両火災事故防止の徹底について」と題する通達を発表しました。

 年末に東京や長崎でバス火災が相次いだためですが、2015年(平成27年)1年間のバス火災事故は23件と11年ぶりに20件を超え、車両火災は増加しています。

 国土交通省発行のメールマガジン、「事業用自動車安全通信」には、重大事故や報告事故の事例が毎回掲載されています。そのなかで、2015年1月以降に掲載された「車両火災」の事例を一覧表にしてみましたので、参考にしてください。

 

 2015年1月から本年1月までの間に26件のバスの車両火災が報告されています。

(※表を見てわかるように、そのうち貸切バスが16件と多数を占めています)

 

 2015年のバス火災では乗務員の判断・消火措置、避難誘導が正しく行われ、乗客や乗員が負傷した例はありませんが、バス等の車両火災は一つ間違うと大災害に結びつく恐れがあります。事業用自動車の事業所では、とくに車両の点検整備と防火対策、乗務員指導に取り組みましょう。

 

 乗務員指導としては、発火時に備えて初期消火のための消火器設備の点検、取扱い方法の確認、乗客の避難誘導訓練なども実施しておくと安心です。

 

【続報──2016年2月19日更新】

 国土交通省は、2月19日「事業用バス火災事故の防止の徹底について」と題してバス事業者に再度要請を行うとともに、平成23年から平成26年に発生したバス火災58件を分析し、「点検整備が不十分」(25件)、「整備作業ミス」(11件)が約6割を占めており、点検整備の徹底が重要な課題であると確認されたことを強調しています。58件の用途別分類では、保有車両あたりの発生件数でみると、貸切バスの火災が乗合バスの2.4倍となっています。

 また、バスのスプリング式補助ブレーキを備えた車両の火災事故防止について指摘しています。

 詳しくは 国土交通省のWEBサイトを参照。

最近発生した事業用バスの火災事例(2015.1~2016.1)
Fire_bus2015.xls
Microsoft Excelシート 29.0 KB

 ■最近増加している事業用バスの車両火災(国土交通省統計による)

事業用バスの車両火災2015年

 

《関連記事》

バス火災事故防止の整備ポイント資料を作成──国土交通省

デファレンシャル・オイルの不足等に注意──火災事故防止のために

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月12日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。