2016年

2月

22日

子どもは親が一緒でも安心できない

 

 さる2月11日午後7時半ごろ、横浜市港北区の路上で両親と一緒に歩いていた3歳の男の子がタクシーにはねられ、重傷を負うという事故がありました。

 

 どのような状況で事故が起きたのかは定かではありませんが、一つだけ言えるのは子どもは親が一緒にいても安心できないということです。

 運転者は、子どもを見ても側に親がいると安心しがちになり、それが事故に結びつくことがあるからです。

 

 子どもだけが路上にいると、いつ飛び出してくるかもしれないと考えますので、子どもの動きを注視してスピードを落として、いつでもブレーキが踏める体制で運転します。

 ところが、親が一緒だとはじめから飛び出してこないと決めてかかって運転することがあります。

 そのため、子どもの動きから目を離したり、その存在を無視したりすることがあります。

 

 また、夜間であったため身体が大きい親がいると身体の小さな子どもを見落としたり、発見が遅れてしまうということもあります。

 いずれにしても、子どもは親と一緒にいても油断できないということを肝に銘じておいてください。

 

(シンク出版株式会社 2016.2.22更新)

■安全意識が低いと思わぬ事故の代償を払うことになる

軽い気持ちでした運転行動が、大きな過失責任へと結びつきます

 幼児の動きに注意しないなど、安易な運転態度が事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。


 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせることで、「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月8日(木

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。