2016年

3月

04日

雪の中の駐車は一酸化炭素中毒に注意

 先月に、雪の中で駐車するときに車の周辺に雪が積もってくると、マフラーが雪で塞がれて排気ガスが車内に入ってきて一酸化炭素中毒になる事故が起きるので注意しましょうという話題を取り上げました。

 この種の事故は、冬のシーズン中には必ず何件か起きていますので、注意が必要です。
 さる2月29日午後1時40分ごろ、北海道帯広市のディスカウント店の駐車場に止めてあった軽自動車の中で、19歳の男性が意識のない状態で見つかり、病院に搬送されましたが死亡する事故がありました。

 この日の北海道は猛吹雪になっており、警察によりますと男性が乗っていた軽自動車の周辺には、雪が90センチ近く降り積もっていました。そのため、車のマフラーが雪で塞がっていたということで、車内に排気ガスが充満して、男性が一酸化炭素中毒になったものとみています。

 寒冷地で猛吹雪に出会うと、どうしても車内に閉じこもって待機することがあると思いますが、そのときはエンジンを切るか、マフラーの周りに雪をこまめに取り除くようにしてください。

(シンク出版株式会社 2016.3.4更新)

 

 

 小冊子「雪道・凍結路の危険をイメージしよう」は、冬道を走行するドライバーに対して、安全な運転方法を指導するのに最適の教材です。

 

 雪道を走行するにあたって、必要な知識が身についているか、また危険な行動をしていないかを「はい」「いいえ」でチェックすることにより、冬道走行の基本を学んでいただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

 

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。