2016年

4月

12日

後ろを向いたときのブレーキの緩みに注意

 車を運転するときに、運転姿勢が大切であることは皆さんが承知のとおりです。

 

 とくに、ブレーキをきっちりと踏めるかどうかは、重要なポイントとなります。

 

 座席の位置を遠ざけていると、ブレーキが十分に踏めないのはもちろんですが、踏んでいたとしてもちょっと身体が動いたスキにブレーキが緩んで車が動き出したりします。

 

 また、運転姿勢をきっちりとしていても、後ろを向いたときにブレーキが緩むことがあるので注意が必要です。

 

 さる4月3日夜、三重県の四日市北警察署の駐車場で、近くで道に迷っているところを保護された女性がパトカーの後部座席から降りようとしたところ、前に動き出したパトカーの後輪タイヤが女性の左足に当たり軽いけがをする事故がありました。

 

 運転していた警察官は「女性が降りようとしたので振り返ったら、ブレーキが緩んでしまった」などと話しています。

 

 バックするときなど後ろを向いたときに、ブレーキが緩み車が動き出すことがあります。このとき慌ててブレーキとアクセルを間違えたりしますので、十分に注意してください。

 

(シンク出版株式会社 2016.4.12更新)

■バック時の自身の運転を見直すことのできる教育教材

 小冊子「自分で気づこう!! バック事故の危険」は、一般的な駐車場や構内・コンビニ駐車場におけるバック行動のイラストを見て、自分の運転上の危険をチェックすることができる小冊子です。

 自分自身でバック時の危険性に気づくことにより、バック事故防止を図る教材です。 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。