2016年

7月

22日

物損事故の損害を甘く見ない

 交通事故で高額の損害賠償というと、ほとんどが死亡事故などの人身事故の損害というイメージが強いのですが、物損事故の損害でも高額の賠償命令が出ることがありますので、甘く見てはいけません。

 

 ご存じの方も多いと思いますが、平成20年8月に東京都板橋区の首都高速道路池袋線でタンクローリーが横転して炎上する事故がありました。

 

 この事故で高架部分が火災で変形したため、掛け替えが必要となり、現場付近は2か月余り通行止めとなりました。

 

 首都高速道路会社は、タンクローリーが所属する運送会社などを相手取り、高架部分の掛け替え費用約17億円のほか通行止めによる営業損失などの損害賠償を求めていましたが、さる7月14日に判決がありました。

 

 東京地裁は、高架部分の掛け替え費用や通行止めによる営業損失などを認め、群馬県高崎市の運送会社とドライバーに約32億8900万円の支払いを命じました。

 

 物損事故でも高架道路を壊したり、鉄道設備を壊して列車を止めたりすると、とんでもない金額の損害賠償を請求されることを肝に銘じておいてください。

(シンク出版株式会社 2016.7.22更新)

■ドライバーの安全意識を高める教材のご案内

高い交通事故の代償

軽い気持ちでした運転行動が、高い代償を生みます

 安易な気持ちでする不安全な運転行動が、事故を誘発したり大きな過失責任へと結びつくことがあります。
 小冊子「低い安全意識が高い事故の代償を生む」は6つの事故事例について、運転者の過失責任の割合を考えて回答する、受講者参加型の指導教材となっています。

 

 自分の回答と解説を照らし合わせてみて「こんな運転行動をすると大きな過失責任を生む」といった危険をより深く理解することができます。

 

 【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。