2016年

11月

08日

子どもの登校経路を避けましょう

 最近、集団登校の子どもたちの列に車が突っ込む事故が相次いで発生しました。

 

 1件は去る10月28日朝8時ごろ横浜市港南区の市道で、認知症の疑いのある87歳の男が運転する軽トラックが横転して集団登校中の小学生9人を巻き込み、6歳の男児1人が死亡しました。

 

 もう1件は千葉県八街市の国道409号で、11月2日の朝7時過ぎ、2トントラックを運転していた19歳の運転者のわき見運転が原因で、トラックが歩道に突っ込み、登校中の9歳の男児が頭の骨を折る重傷を負いました。

 

 皆さんは、「まさか自分が登校する子ども達を傷つけるような事故を起こすはずはない」と考えていると思います。

 

 しかし、安全運転をしているつもりでも事故が起こる危険というのはゼロにはなりません。ですからドライバーは、登校児童を守るためになるべく子どものいない道路を選択することが大切です。

 

 通勤経路や訪問先等へ行く道路が集団登校の経路と重なる場合は、その道を避けるルートがないか考えましょう。

 

 やむを得ず登校経路を走行する場合は、前車との車間距離を多めにとって、速度を落として慎重に走行してください。

(シンク出版株式会社 2016.11.8更新)

■「2017運行管理者手帳」(トラック、バス版)好評発売中

 2017年版より「運行管理者・配車担当者手帳」を「トラック運行管理者手帳」にリニューアルし、新たに「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 運行管理を行なう上で知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月9日(金

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。