2016年

12月

01日

雨が降って暗いときはヘッドライトを点灯しよう

 最近、雨が強く降っているときに運転する機会が何度かあり、そのときに感じたことはヘッドライトを点灯していない車は本当に見えにくいということでした。

 

 高速道路を走行していたのですが、トンネルを抜けると急に雨が降ってきました。最初のうちはライトを点けるほどではなかったのですが、段々雨が強くなっていくと同時に周りも暗くなっていきました。

 

 私はすぐにヘッドライトを点けたのですが、周りの車はなかなかライトを点灯しなかったので、雨粒や路面から上がるしぶきに車の存在が隠れてしまい、車線変更するときに後ろから近づいてくる車をあやうく見落としそうになりました。

 

 たぶん、ライトを点灯していない車は自分では見えているので点灯しなくても大丈夫だと思っているのだろうと思いますが、ライトは自分が見るだけのものではありません。相手に自分の存在を見せる役割があるのです。

 

 事故に巻き込まれないためには、夕暮れ時はもちろんですが、雨が降っているときでも少しでも暗いと感じたら、スモールライトではなくヘッドライトを点灯させるようにしましょう。

 

(シンク出版株式会社 2016.12.1更新)

■「2017運行管理者手帳」(トラック版、バス版)好評発売中

 2017年版より「運行管理者・配車担当者手帳」を「トラック運行管理者手帳」にリニューアルし、新たに「バス運行管理者手帳」の発売を開始しました。

 

 運行管理を行なう上で知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダー、メモ欄も充実の内容でスケジュール管理も万全です。

 

【詳しくはこちら】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

12月5日(月

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。