■参考書「バス安全運転教本」

お申し込みはこちらから――

バス安全運転教本
  • 0.78 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日
【シンク出版㈱のページ】

■「指導・監督の指針」に沿ったバス運転者と事故惹起者の安全教育に最適

 近年、規制緩和により貸切バスなどでは新規参入事業者が相次いだこともあり、次第に重大事故も目立つようになりました。

 

 中でも2016年に発生した軽井沢スキーバス事故は社会に大きな衝撃を与え、その後、多くの法令や「指導及び監督の指針」等の大幅な改正が行われましたが、いまだに運転者教育が十分になされているとはとても言えません。

 

 その一つの原因として、バス運転者に対する教育資料の不足があります。

 

 そこで、今回バス運転者に対して、幅広く実践的な教育を実施できる最新の資料を網羅した「バス安全運転教本」を発行いたしました。ぜひ本書を活用して、バスの運転者に対する効果的な指導を行ってください。

 

※本教本は中国バス協会が令和2年3月に改定した「バス安全運転教本」が元になっています。

■一般運転者、事故惹起者への指導・監督に対応

 この教本は2編で構成されており、第1編は一般的な指導・監督の指針の13項目に沿った内容となり、合わせて高速道路の安全知識や異常気象時の運転等、バス運転者として必要な知識を詳しく解説しています。

 

 また、第2編は事故惹起者に対する指導・監督の指針7項目に沿った内容となっています。

■これまでにない大容量の資料で、バスの安全知識を詳細に紹介

  本書はイラストやグラフなどを交えて構成されており、A4サイズで256頁と、かつてない大ボリュームの教本となっています。

 

 そのため、バスの運転者、管理者として知っておかなければならない知識はほぼ収録されています。

 

 業務上、何か疑義が生じた場合に本書を開いていただければ、問題解決に役立ちますので、バス事業所必携の1冊と言えます。

 

 

(「指導及び監督の指針」:旅客自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針

  国土交通省告示第1676号/2018年6月1日改正)

■内容見本

■CONTENTS

【第1編  バスを運転する場合の基本的事項】

第1章 バスを運転する場合の心構え

第2章 バス運行の安全と旅客の安全確保

第3章 バスの構造上の特性

第4章 乗車中の旅客の安全確保

第5章 乗降時の旅客の安全確保

第6章 運行路線・経路、営業区域の交通状況

第7章 危険の予測と回避、緊急時の対応

第8章 運転適性に応じた安全運転

第9章 交通事故に関わる運転者の心理的・生理的要因と対処法

第10章 健康管理の重要性

第11章 安全装置を備えるバスの運転方法とドライブレコーダーの活用

第12章 一般道路での安全運転の方法

第13章 高速道路での安全運転の方法

第14章 異常気象時の運転

第15章 非常事態時の措置

 

【第2編 事故惹起者に対する教育】

第1章 運行の安全、旅客の安全を確保するための法令等

第2章 交通事故の事例分析と再発防止策

第3章 事故に結びつきやすい運転者の生理的、心理的要因及び対処方法

第4章 交通事故を防止するための留意事項

第5章 危険の予測及び回避

第6章 ドライブレコーダーの記録を利用した運転者指導

第7章 安全運転の実技指導

 

▼ <付録> 指導・監督の指針の概要

【表紙デザイン:design5/本文イラスト:アデミツル

◆コード 1071
◆仕 様 A4判/264ページ/表紙カラー刷、本文1色刷
◆価 格 2,800円(税別・送料実費)
◆価格説明

・団体様のお申込みなど、多部数のご購入の際には別途お見積りいたします。

・50部以上のお申し込みで、送料を弊社が負担いたします(1箇所、一括に限る)
・100部以上のお申込みで、冊子下部への貴名称等の刷込み(1箇所・墨色)をサービスいたします。
・100部未満のお申込みで名称刷込みをご希望の場合、20,000円(税別)で承ります。

◆発 刊 2020年4月
【シンク出版㈱のページ】
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月8日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。