■教育用DVD「あなたのための熱中症対策~災害事例から考えよう!」

  平成30年の職場における熱中症による死傷者数は1,178人となり、そのうち28人が死亡しました(平成30年 職場における熱中症による死傷災害の発生状況<厚生労働省>より)。

 

 近年の地球温暖化による気温上昇により、熱中症による労働災害は増加傾向にあります。

 

 そこで、本DVDでは3つの災害事例から熱中性の危険性と、それぞれの対処法と予防方法を解説しています。

 

 

製作:アスパクリエイト

監修:澤田晋一(東京福祉大学・大学院教授/医学博士等)

カラー/全員向け21分/管理者向け25分

あなたのための熱中症対策~災害事例から考えよう!
¥49,500
カートに追加
  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

■映画の概要

● 熱中症の危険

 たかだか熱中症と高を括っていると、最悪の場合、多臓器不全などで死亡することもあります。また、命は助かったとしても重い障害が残ることも珍しくはありません。

 

 

 ここでは、荷役作業に従事していた労働者が熱中症で倒れ、死亡するまでを描き、熱中症の危険性を紹介し、決して侮れない怖い病気であることを解説しています。

● 3つの災害事例で熱中症の危険性と対処法を解説

事例1・炎天下での足場解体・部材搬出作業

 

 炎天下の建設現場で足場を解体していた労働者が熱中症で倒れ、死亡しました。被災者は大量の汗や、筋肉痛、気分が悪い、足元がふらつくなど様々な熱中症の症状が表れていました。

 

 この事例では、熱中症の重症度の見極めと対処法を紹介しています。

事例2・酷暑環境での厨房室内装工事 

 

 レストランの室内工事をしていた労働者が、高い温度と湿度に耐え切れず熱中症をおこし、死亡しました。

 

 熱中症をおこしやすい場所や条件として、気温や湿度のほかに、風のないところ、身体作業強度、防護服などの服装があげられます。

 

 この事例では熱中症の危険度を示すWBGT値の重要性や、水分・塩分の必要性を紹介しているほか、アルコールやコーヒーなど、利尿作用がある飲み物が水分補給にならない(熱中症を引き起こす)ことにも触れています。

事例3・空調管理された倉庫内での荷卸し作業 

 

 空調設備が整った倉庫内で荷卸しをしていた作業員が、昼休みの直後、急に体調を崩し救急車で運ばれましたが、多臓器不全で死亡しました。この被災者は体調不良による長期休職から、仕事に復帰したばかりで暑さに順応していませんでした。

 

 このように、長期間の休職や休暇などを取得していて、暑熱順化していない人は熱中症になりやすいので、徐々に暑さに慣らしていく必要があります。

 

 そのほか、睡眠不足の人や、下痢、持病のある人、利尿作用のある薬を飲んでいる人、肥満、朝食を食べていない人は熱中症にかかりやすくなります。 

●管理者がとるべき熱中症の予防対策

 管理者が熱中症対策のために取るべき対策としては、WBGT値をこまめにチェックすることや、日よけやミスト扇風機の設置、休憩時間の確保、高温多湿場所での連続作業時間の短縮、体重や体温を常に把握できるようにする環境整備などがあります。

■収録内容

・熱中症の危険

・熱中症の見極め方と対処法

・Ⅰ度~Ⅲ度の各段階の症状

・熱中症の救急処置 身近な人ができることとは何か?

・熱中症になりやすい場所と対策 WBGT値とは?

・水分、塩分の補給方法

・熱中症になりやすい人とは?

・事例1 猛暑の炎天下で足場解体・搬出作業中に起きた死亡事故

・事例2 酷暑環境の内装工事中に起きた死亡事故

・事例3 倉庫内の荷下ろし作業で起きた死亡事故

・熱中症対策の3つの管理(「管理者向け」にのみ収録)

◆コード 6144

◆仕様  DVD(字幕選択式)

◆価格  45,000円(税別・送料無料)

◆制作年 2020年

◆ナビゲーター 色紙実優

◆制作  アスパクリエイト

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月30日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。