■教育用ビデオ「運転中自然災害が・・・1・一般道路編」

 車を運転中に地震やゲリラ豪雨に遭遇したら・・・、ドライバーはどのように危険を回避したらよいのでしょうか。

 

 基本的な知識はわかっていても、いざという時にはパニックに陥り、正しい運転や行動をとれないことが、これまでの事例からも数多く報告されています。

 

 本作品では一般道における交通場面で、自然災害が発生した時どう対処すべきか、具体的な映像で捉え、正しい知識や日頃の備えの大切さを訴えます。

 

 ドライバーにとって常識的なことではありますが、映像を改めて見ることで自然災害の危険を再認識し、近い将来、必ず発生すると言われる巨大地震や頻発する豪雨など、自然災害発生時の安全運転につなげることができます。

 

製作:映学社

推薦:一般財団法人日本交通安全教育普及協会

監修:野藤 智(日本交通心理学会主任交通心理士)

カラー22分

運転中自然災害が・・・1・一般道路編
¥77,000
カートに追加
  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

★同テーマの「高速道路編」もございます

>> 詳しくはこちら

■映画の概要

・運転中の地震

 活断層が至るところに走る日本列島では、いつどこでどのような規模の地震が発生しても不思議ではない。

 

 大きな地震に気づき、運転を続けることに危険を感じた場合の安全な停車方法や、車を置いてその場を離れる際に注意すべき点について解説する。

 

 また、地震で最も警戒すべき津波についても、急いで高台へ避難する必要性を訴える。

・雨天時の走行

 交通事故の発生する割合は、雨の日に極めて高くなっている。それは以下の3つの要因が事故増加の原因と考えられる。

 

・視界が悪くなり、危険を発見しにくくなる

・路面が滑りやすくなり制動距離が延びる

・雨の降り始めが滑りやすい

 

 これらのポイントについて、それぞれの問題点と対策を考えていく。

・雪道の走行

 雪道には様々な危険が待ち受けている。

 

 積雪や凍結によるスリップ事故への備え、激しい雪、地吹雪、積雪により道路状況が目にくい時の対応、そして動けなくなった時の対応を解説する。

・自然災害に遭遇したら

 もし自然災害に遭遇したら、どのように対処すべきか、正しい知識を持っておくことで、被害を最小限にとどめることができる。

 

 もう一度自分の運転、備えを見直そう。

◆コード 6138

◆仕様  DVD

◆価格  70,000円(税別・送料無料)

◆制作年 2019年

◆制作  映学社

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

12月16日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。