■教育用冊子「プロトラックドライバーを育てるためのマナーとモラル」

お申込みはこちらから──

プロトラックドライバーを育てるためのマナーとモラル
  • 0.2 kg
  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日
【シンク出版㈱のページ】

■プロトラックドライバーとして知っておくべきマナーとモラルを解説

トラックドライバー マナー
トラックドライバーのマナー・モラルの重要性を解説

 本書は、プロのトラックドライバーとして知っておかなければならないマナーとモラルについて解説したテキストです。

 

 マナーとモラルを意識することでドライバーの質は高まり、会社の印象は向上し、更には業界のイメージアップにもつながっていきます。

 

 トラックドライバーの中には「マナーとモラル」を意識したことがないという人も多いかもしれませんが、これからは「マナーとモラル」を身につけることが選ばれるドライバーの条件と言えます。

■マナーが悪いドライバーの行動をみてドライバー自身が考える

バスドライバー 点呼の進め方
イラストをみて問題点を記入する

 本書では運転場面や、得意先での対応場面など15事例を収録しています。それぞれの事例はイラストでマナーが悪かったり、モラルの低いドライバーが描かれています。

 

 このイラストをみて、このような行為をどのように感じるか、またどういった悪影響があるかをドライバーに記入してもらいます。

 

 記入することによって、「マナー」や「モラル」を意識することのなかったドライバーにも、マナーやモラルを考える機会となります。

 

 また、右頁にはマナーとモラルの必要性を図解やイラストで解説していますので、「なぜこの場面でマナーやモラルが重要なのか」を簡単に理解することができます。

■なぜ、マナーとモラルが必要なのかを理解することが大切

会話調でマナー・モラルの必要性を解説
会話調でマナー・モラルの必要性を解説

 マナーとモラルの重要性を、ドライバーに頭ごなしに話をしてもなかなか伝わりません。

 

 本書では、それぞれの問題場面でなぜ「マナーとモラル」が必要なのかを、管理者とドライバーの会話形式で解説しています。

 

 マナーとモラルを備えたドライバーを育てるためには、マナーとモラルの重要性を理解してもらうことが大切なのです。

■マナー・モラルを高める取り組みも豊富に紹介

マナー・モラル向上のための取組みを豊富に紹介
マナー・モラル向上のための取組みを豊富に紹介

 本書では、得意先や社内でのマナー・モラルを高めるのに効果があった事例を豊富に紹介しています。

 

 ドライバーのマナー・モラルを向上させるには事業所からの働きかけが重要です。すでに、マナー・モラルの教育を実践されている事業所はもちろん、これから、ドライバーを育成していこうと考えておられる事業所にとっても参考になります。

■CONTENTS

・はじめに なぜマナーとモラルが必要か

 

第1章 マナー・モラルの向上で業界のイメージアップを図ろう

  • 見られているという意識を高めよう
  • 運転中のマナーを高めよう
  • プロ意識を高めよう

第2章 得意先でのマナーを向上させよう

  • 第一印象を意識しよう
  • 言葉遣いに注意しよう
  • 会社の代表という意識を持とう
  • 荷扱いは丁寧にしよう 

第3章 社内でのマナーを向上させよう

  • コミュニケーションをとろう
  • セクハラに注意しよう
  • こんな取り組みで社内のマナー・モラルを高めよう

・終わりに  マナーの悪い車がいても輸送の安全を保つ

 

【監修】 酒井 誠一般社団法人日本トラックドライバー育成機構代表理事)

 

■内容見本

◆コード 1049
◆仕 様 A4判/64ページ/カラー刷
◆価 格 1,400円(税別・送料実費)
◆価格説明

・団体様のお申込みなど、多部数のご購入の際には別途お見積りいたします。
・300部以上のお申込みで、冊子下部への貴名称等の刷込み(1箇所・墨色)をサービスいたします。
・300部未満のお申込みで名称刷込みをご希望の場合、10,000円(税別)で承ります。

◆発 刊 2017年4月
【シンク出版㈱のページ】

■今日の安全スローガン──

交通安全スローガン

■今日の朝礼話題──

6月27日(火

■サイト内検索──

運行管理者 ドライバー教育ツール 指導・監督の指針に沿った安全教育に最適
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
物流技術研究会 トラック 研修
事故防止 メルマガ 交通安全 メールマガジン 安全運転管理 運行管理 飲酒運転 飲酒習慣 教育

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。