■教育用DVD「いのちを守る!運転者の責任」

 交通事故は年々減少傾向にあり、技術の進歩とともにクルマの安全性能は日々進化しています。

 

 しかし、どんな時代でもハンドルを握るドライバーの責任は変わりません。

 

 一歩間違えれば、自分のクルマがかけがえのない命を奪う凶器になってしまいます。そして、被害者や当事者だけでなく、その家族や周囲の人々の人生をも狂わせてしまうのです。

 

 本作品では、悲惨な交通事故を2例取り上げ、事故を起こしたドライバーが負う4つの責任(刑事・行政・民事・社会的)を紹介し、また交通事故の遺族の取材を通じて、事故の恐ろしさと、かけがえのない命の重さを訴えます。

  

制作:斉藤プロダクション

推薦:一般財団法人全日本交通安全協会

協力:NPO法人いのちのミュージアム、グリーフサポートやまぐち、岐阜交通遺族の会ほか

カラー20分

いのちを守る!運転者の責任
¥77,000
カートに追加
  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日

■映画の概要

・保育園児ら16人を巻き込んだ死傷事故

 滋賀県大津市で起きた、あまりにも悲惨な事故。ドライバーの安全確認の不徹底が取り返しのつかない事故につながってしまった。

 

 他人を巻き込み重大な結果を招きかねない交通事故。うっかりや、ぼんやりでは済まされない。

・交通事故の4つの責任

 事故を起こしたドライバーに生じる3つの法的責任(刑事・行政・民事)に加え、社会的責任について解説。

 

 また、過失運転致死傷罪と危険運転致死傷罪の2条と3条についても紹介する。

・「ながらスマホ」の死亡事故と、ながら運転の厳罰化

 「ながらスマホ」事故により、帰らぬ人となったTさんは、成人式を終えたばかりの20歳だった。

 

 ご両親は事故について、「最初から前を見ておけば起きなかった」と無念の思いを語る。また「ながらスマホ」の危険性を検証し「携帯電話使用等に関する罰則・違反点数・反則金」についても紹介する。

・事故は他人事ではない

 交通安全の研修会で講演をする山根和子さんは4歳の娘さんを事故で亡くした。

 

 山根さんも一人のドライバーとして、娘の事故から多くの事を学んだという。

◆コード 6145

◆仕様  DVD

◆価格  70,000円(税別・送料無料)

◆制作年 2020年

◆制作  斉藤プロダクション

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。