◆車両周囲の移動物を検知する新技術

 

 日産自動車㈱は、自車周辺の移動物を検知して運転者に知らせる「移動物検知機能」を開発したと発表しました。
 これは、停車中や発進・低速走行時に自車周辺に歩行者などの移動物があると、ナビゲーションのディスプレイ上の表示とブザーでドライバーに知らせるものです。
 同社では、自車を上から見下ろした画像をナビゲーションのモニターに映し出す「アラウンドビューモニター」の機能と合わせて、駐車スペースからの発進や、見通しの悪い交差点への進入時などに運転者の視界確保を支援できるとしています。

日産移動物検知機能

 最近は、バック時に後方の様子を映し出すリアビューカメラを搭載する車種が増えてきました。しかしながら、カメラの映像だけに頼ってバックし、カメラの死角から入ってきた歩行者と事故を起こすなどの問題も生まれています。
 今回の開発も、車両周辺の安全確保に寄与するものと期待されますが、あくまで運転支援技術です。
 運転者は周囲の状況に感覚を研ぎ澄ませ、自分の目で安全を確認するという基本を忘れてはいけません。

(2010年7月29日更新) 

過去の交通安全ニュース
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。