◆職場の熱中症による死亡災害が全国的に多発!

職場熱中症

 

 今年は7月中旬以降の気温上昇に伴い、職場における熱中症による死亡災害も全国的に多発しています。


 平成22年7月26日までに、全国の職場における熱中症による死亡者数は13名に達し、すでに昨年1年間の全国の職場における熱中症死者数8名を大幅に上回っていることがわかりました(平成22年7月26日時点での速報値/厚生労働省)。

 7月下旬に8名死亡と、梅雨明け後の気温上昇とともに急増しています。

 

 業種別内訳では建設業5名、製造業2名、警備業2名、農業2名、その他事業2名と、今のところドライバーや物流関係での死亡災害はありませんが、倉庫内や荷卸作業などでは十分な注意が必要です。


 熱中症の予防には気温だけでなく、湿度を勘案しWBGT値(暑さ指数)のチェックが重要です。  

 詳しくは、厚生労働省のパンフレット「職場における熱中症の予防について」を参照してください。

 

 8月も中旬を迎え、暑さにも慣れてきたころかもしれませんが、油断は禁物です。水分や塩分をこまめに補給し、日々の体調管理にも十分注意を払うようにしてください。

(2010年8月12日更新)

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。