高速道路の登坂車線から合流する車に注意

登坂車線 交通安全 事故防止
(写真は事故とは関係ありません)

 さる8月23日午後11時50分ごろ、広島県三原市の山陽自動車道下り線で、登坂車線を登ってきた陸上自衛隊のトラックが走行車線に移ったとき、後方からきた大型トラックに追突され横転する事故が発生しました。

 現場は、見通しのよい緩やかな右カーブの上り坂で、戦車を載せた大型トレーラーの後方を、3台の警戒車トラックが低速走行をしていて追突されました。


 登坂車線は、上り坂で速度が遅くなる大型車等が利用するものですが、本線車道には含まれないため高速道路でも最低速度規定はなく、登坂車線を走行している車は時速50キロ以下で走行している場合もあり、合流時の車間距離などには注意が必要です。  

 とくに夜間は、テールランプだけでは速度がわかりにくいので、本線を走行する車は、漫然と「トラックが合流してくる」とは考えずに、慎重に近づきましょう。


 高速道路は本線車道が優先なので、本線に合流する車は「本線の車の通行を妨げてはいけない」とされていますが、ランプウェイ等と違い登坂車線を遅い速度で坂を上がってきたトラックなどはなかなか合流のスピードを出せません。

 

 梯団走行をしている自衛隊などのトラック群は、さらに全体の速度が遅いので、できれば本線の車が早目に右側車線に車線変更して譲ってあげるほうが安全です。

(2010.09.07更新)

過去の交通安全ニュース 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月20日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。