クリープ現象で発進しよう

アクセル 交通安全 事故防止

 平成20年には年間6,642件(1日あたり約18件)ものアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が発生しています。

 ニュースでも駐車場などで、アクセルとブレーキの踏み間違いが原因と思われる事故をよく伝えていますが、このような事故はどうして発生するのでしょうか。


 その原因の一つが、発進時にブレーキからすぐに足を離して、アクセルを踏み込むクセがあげられます。
 このようなクセが付いていると、バックするつもりでアクセルを踏んだときに、ギアがDレンジに入っていたりすると、意に反して前進をはじめ、頭がパニックになって、ブレーキを踏むつもりがさらにアクセルを踏み込み暴走してしまうことになります。


 ですから、車を動かす際には、いきなりアクセルを踏み込まず、クリープ現象を活かして、ゆっくりとアクセルを足していく発進方法を心がけてください。

(2010.9.09更新)

< 前へ            次へ >

朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。