◆不注意運転で年間に45万人が死傷

 米国の道路交通安全局(NHTSA)の調査によると、2009年中に全米国内で発生した交通事故による死者のうち、5,474人(16%)は、携帯電話のメール操作やペットへの脇見運転などの不注意運転(Distracted Driving)で被害にあっていることがわかりました。


 不注意運転による負傷者は、約44万8000人で、NHTSAでは、実に45万件近くがドライバーの不注意による事故であることに強い危機感を表明しています。近年、交通事故死者全体は米国でも減少傾向にありますが、死者数に占める不注意事故の割合は2005年の10%から大幅に増加しているからです。


 運輸省長官のラフッド氏(Ray LaHood)は、「データは氷山の一角であり、国内には不注意運転が蔓延している」と警告し、さる9月21日には、ワシントンDCで不注意運転サミット“Distracted Driving summit”と題する対策会議を開催しました。

携帯電話禁止

 

 とくに携帯電話等のメール操作などによる事故が目立つことから、現在、携帯機器の操作を全面的に禁止した州が7洲に上っています。
 このサミットに関して、詳しくは以下のサイトを参照してください。
U.S.Department of Transportation

高速道路安全協会

 

 なお、全米の高速道路安全協会(GHSA)では、各州で行っている不注意運転抑止キャンペーンのビデオを公開しています。詳しくは下記サイトを参照してください。
Governors Highway Safety Association

過去の交通安全ニュース
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。