ハイドロプレーニング現象の予兆を感じよう

雨

 

 みなさんは、雨水が溜まった道路を高速で走行すると、タイヤが水の上を滑走してハンドルもブレーキも効かなくなるハイドロプレーニング現象が起きるということを知っていると思います。

 

 しかし、実際にハイドロプレーニング現象を感じたことがある人は少ないのではないのでしょうか。


 しかし、よく注意していると、水が溜まっている高速道路のワダチを走行するときなど、車の後部が少し横に滑るようになることがあります。


 これは、タイヤが路面から離れて、ハイドロプレーニング現象が起こり始めている予兆なのです。このとき、慌ててハンドルを切ったりすると、水溜まりを抜けたあとに、路面にタイヤが接地して急にグリップ力を回復したときに、スピンすることもあります。


 水溜まりを走行中に少しでも横滑りを感じたら、とにかくハンドルを真っ直ぐに握ってアクセルを戻してスピードを落とすことです。ハンドルを切ることは厳禁です。

(2010.10.07更新)

< 前へ            次へ >

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。