バッテリー保護のために停車1~2分前にエアコンを切ろう

エアコン操作
エンジンを切る前にエアコンをOFFにしよう

 バッテリー上がりは、寒い時期によく起こりますが、それ以外の季節でも油断禁物です。 最近の車には、電装品がたくさん取り付けられており、非常に電気を消費するようになっているからです。


 夜間、雨のなかで渋滞に巻き込まれたような場合には、ワイパーを作動させてヘッドライトをつけたままで、エアコンを効かせながらカーステレオを聴きブレーキランプを絶えず踏んでいるような状態では、ほとんど発電できず電気を多量に消費してしまいます。最悪の場合には、バッテリーが上がります。

 

 そこで、バッテリーを保護するために、運転が終わる前に、次のことを実行しましょう。

 

 エアコンを使っていたときは、車庫に着く1~2分前にエアコンのスイッチを切る。

 

 夜間走行する場合には、信号停止や渋滞停止などの際に、スモールライトに切り替えたり、ワイパーの作動を止めたりして、無駄な放電を少なくする。

 

 電気を多く使用したときには、車庫についてから電装品のスイッチを切って、3分間程度エンジン回転を約1000回転に保ったままにしてエンジンを切るようにする。

(2010.10.13更新)

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月20日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。