強風で流されても決してあわてない

トンネル出口
トンネルの出口では横風に注意

 冬場になると、思わぬ突風が吹くことがありますので、注意してください。

 

 高速道路を走行しているとき、トンネルを抜けたとたん、突然強風に見舞われ、横に流されて危険な状況に陥ることがあります。
 しかし、強風で怖いのは、流される危険よりも、それにあわてて急ブレーキを踏んだり、急ハンドルを切ることです。

 

 吹流しの向きに目を配り、風が強いときには、スピードを落としてハンドルをしっかりと押すように握り、車の移動を最小限に止めることです。そして、他車の動きにも目を配り、急ブレーキなどは決してしないことです。

 

 台風でもないかぎり、突風は一瞬のことです。「あわてる」ことこそが危険です。

(2010.11.1更新)

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。