高速道路では車線区分のラインで車間距離を測ろう

車間距離と白線

 高速道路での安全な車間距離は、時速100キロでは約100m、時速80キロなら約80mの距離が必要と言われています(乾燥路面の場合)。

 高速道路には、ところどころに標識標示で示した車間距離確認区間があり、前車との距離を知ることができます。しかし、この確認区間でなくても、簡単に距離を知る方法があることをご存知ですか?

 

 それは、車線区分のライン(白線)の数で目安をつける方法です。走行車線や追越車線を区分する白線は一片の長さが8mあり、白線と白線の間の距離が12mあります。白線とその間の距離を合わせると20mになるのです。
 つまり、80mの車間距離が必要ならば、これが4セット、100mの車間距離が必要なら5セットであれば、車間距離が確保されていることになります。車間距離確認区間がなくても、ときどき前車との間に白線が何本あるか数えて、車間距離を確認してみましょう。

 

 なお、白線ライン以外で、道路側端に設置されているデリニエータ(視線誘導標)を利用して距離を測る方法もあります。デリニエータ間の距離は、直線部分で50m間隔に設置されていますので、前車が2本先の位置を走っていれば約100mの車間距離とわかります。

 

 夜間は白線も見えにくいので、ライトに反射するデリニエータを車間距離を知る目安として活用しましょう。

(2010.11.05更新)

■教育用DVD「ハイウェイで まさか!~高速道路に潜む危険~」

 高速道路では、さまざまな『まさか』の事態が発生します。突然のパンク、逆走車やいないはずの歩行者との遭遇など、予想もしない事態が重大な事故を引き起こすことがあります。

 シートベルト未装着やスマートフォンの使用による漫然運転が高速道路での惨事に結びつくことも少なくありません。

 

 このDVDでは、模範ドライバーが高速道路を走行する上で常に心がけている安全運転のポイントを、図解や実験映像なども織りまぜてわかりやすく示します。

 

 

 【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。