高速道路などでの野生動物に注意を

シカ

 最近、中国地方の高速道路でシカやイノシシ等野生動物に絡む交通事故が多発していると、新聞報道がありました。深夜、乗用車がシカを避けようとハンドル操作を誤り、反対車線のコンクリート壁に衝突したり、動物と衝突して車体が大破したといったケースが発生しています。


 こうした事故には地域的な傾向があり、また、シカやタヌキなどは秋以降は親離れをして単独行動をするので、動物が絡む事故は秋から冬にかけて多いと言われています。高速道路交通警察隊では、「前方を注意して、急ハンドルや急ブレーキを避けてほしい」と呼びかけています。


 とくに山間部を走行する道路では野生動物が飛出す可能性が高いので、「動物注意」の標識に気を配りましょう。また、夜間の飛出し事故が多いのですが、上向きライトにすると遠くで動物の目が光って発見しやすくなりますので、対向車・前車に配慮しつつ、なるべく上向きライトを基本にして走行しましょう。

(2010.11.10更新)

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。