雨の日は「濡れたくない心理」に注意

雨天の歩行者に注意

 雨の日の運転は、雨滴などがフロントガラスに付いて見にくくなる、路面が濡れてスリップしやすいなど、運転にさまざまな危険をもたらします。


 しかし、雨の日はそうした気象的な状況による危険だけでなく、運転者の心理面の危険もあります。それは、運転者の「濡れたくない心理」による危険です。


 雨に濡れたくないために、屋根のあるところまで無理に車をつけようとしたり、窓を開けて安全確認をするのを怠ったり、車から降りるときに、早く建物に入りたいために、後続車の有無を確かめずにドアを開けたりと、日頃は絶対にしない不安全行動をとりがちになります。


 雨の日は、濡れることを嫌がって、不安全行動をとりやすいことに注意しましょう。

(2010.11.11更新)

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。