多人数乗車している場合は慎重な運転操作を

多人数乗車
多人数乗車では制動距離が伸びる

 会社の車を運転する人は、たいてい1人で運転していると思いますが、休日などで家族や友人とドライブに出かけるときは、かなり乗車人数が増えますので、運転操作に気をつけなければなりません。


 というのは、乗車人員が多いほど車の重さが増加し、ブレーキをかけたときの制動距離も延びるからです。
 体重60キロの大人が5人乗った場合、ドライバー1人のときと比べて荷物を加えると300キロ近く増え、1トンの車であれば3割ほど重量が増します。


 それだけ、早めにブレーキを踏まないと1人のときと同じ距離で止まれません。カーブも同じ理屈で、重さに比例して遠心力が増えますので、外側にふくらみます。
 多人数乗車している場合は、1人のときよりスピードを控えめにし、慎重な運転操作を心がけましょう。

(2010.11.12更新)

過去の朝礼話題 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。