夜間、見通しの悪い交差点通過前には停止してライトを消してみよう

夜間 見通しの悪い交差点

 

 見通しの悪い交差点では、昼間は交差道路からくる車の存在が死角に隠れて発見しにくいものですが、逆に夜間は相手車両のライトで発見しやすくなります。


 ただし、夜間は自車もライトを点けているので、その光が道路を明るく照らし、相手車両のライトが消されて見えにくいことがあります。そんなときは、自分の車のライトを消してみると、交差道路から来ている車のライトが非常によく見えるようになります。 見通しの悪い道路を通過するときには、一時停止したとき、一瞬、ライトを消してみましょう。

 

 このほか、ライトが交差点にある商店のガラスなどに反射することもあります。同じように、カーブが多い山道などを通過するときも、相手車のライトが山肌を照らし、遠くからでも発見できます。夜間は、他車のライトを見落とさないようにすることが安全運転のコツです。

(2010.11.15更新)

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。