不用意にクラクションを鳴らさない

自動車 クラクション

 昔に比べると、クラクションを鳴らす人は随分と少なくなりました。


 しかし、まだまだ不用意に鳴らす人がいますね。よく見るのが、信号待ちから発進するときに、少しでももたつくととすぐにクラクションを鳴らす人です。鳴らされた人は、あまりよい気分がしないので、トラブルの元になったりしますので、注意してください。

 

 また、自転車に乗った高齢者の側を通るときに、後ろから急にクラクションを鳴らす人がいますが、これも危険です。高齢者の自転車は元々ふらつきやすいのですが、クラクションに驚いてさらにふらついたり、最悪の場合には倒れてしまうこともあるからです。

 

 不用意なクラクションは、トラブルの元になったり、逆に危険な状態を招くことを理解しておく必要があります。

(2010.11.29更新)

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。