走行中にカーナビを見ないようにしよう

カーナビの注視

 運転中にカーナビを注視することは、道路交通法により禁止されていますが、運転中にカーナビを見ているドライバーの姿をよく見かけます。


 カーナビの画面を見るときは、当然前方から目線を外しますので、前方を見ないでわき見運転していることになります。また、カーナビを見るために目の焦点を至近距離に合わせるので、再度目線を前に戻したときに、幅広く遠方に目線を配る視覚状態へすぐ復帰できるとは限りません。

 

 つまり、カーナビの画像をじっと見ることは、わき見運転になるだけでなく、画像を見る前や見た後に危険の発見が遅れるということになります。

 

 走行中は、カーナビに目を向けないようにしましょう。

(2010.12.07更新)

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。