◆「バックモニター」の搭載を義務づけへ

バックモニター バックアイカメラ

──2014年9月までに、アメリカ運輸省

 

 アメリカの運輸省は、バック走行時に小さい子どもなどが事故に巻き込まれるのを防止するために、2014年9月までにアメリカで販売される全ての車に、「バックモニター(バックアイカメラ)」の搭載を義務づける方針を明らかにしました。


 同省の高速道路交通安全局の発表によりますと、乗用車による後方衝突事故で毎年200人強が死亡し、うち4割強が5歳以下の子どもだということです。

 

 同局では、2012年9月までに新車の10%、2013年9月までに40%と、順次搭載比率を高めることを目指しています

 

 バックモニターは、車体後部に小型のカメラを設置し、ギアをバックに入れると運転席のモニターで後方の視界が確認できるシステムで、最近の車には標準装備されているものもあります。

過去の交通安全ニュース 事故防止 交通安全
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。