高速道路では安全な走行位置を考えて運転しよう

高速道路 安全な走行位置 交通安全 事故防止
トラックに前後を挟まれないようにしましょう

 高速道路での危険を回避するには、どこを走行したら安全かを考えてください。


 まず走行する車線ですが、追越車線は車の流れが速いだけでなく、急ぐ車が多いので車間距離が短くなり、事故に巻き込まれる可能性が高いので、走行車線を走ることです。


 次に、前車との位置ですが、事故などの緊急事態に対処できるよう車間距離を十分とるようにします。それから、危ない車には近づかないようにします。ふらつく車は居眠りの危険がありますし、スピードを出して車線変更を繰り返す車などは、先に行かせるほうが得策です。


 また、乗用車などの車高が低い車に乗っている場合には、前後をトラックに挟まれないことです。この状態は、後ろのトラックから追突されやすいので、すみやかにその状態から抜け出しましょう。

(2011.01.07更新)

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。