誤解を招かないカーコミュニケーションを

右折時 パッシング

 カーコミュニケーションは、運転中に自分の意思を他のドライバーや歩行者に伝える方法として、安全運転をするうえで非常に大切になります。
 しかし、カーコミュニケーションのなかには、一つの合図に2、3の意味があるものがあり、注意が必要です。


 たとえば、交差点を直進するときに、対向右折車にパッシングをすると、「相手に道を譲る」と「こちらが先に行く」というまったく逆の意味があり、実際にコミュニケーションの誤解から事故になっているケースが多いのです。

 

 カーコミュニケーションを誤解しないためには、受け手は交通状況から相手は何を自分に伝えようとしているかを読み取り、送り手は相手に自分の意思を伝えるにはどういう方法が最善なのかを意識して送ることが大切です。

 

 先の例で言えば、交差点を直進するときに、対向右折車に「道を譲る」意思を示すには、十分にスピードを落としてからパッシングするなど、相手に自分の意思をはっきりと伝える運転行動をすることが大切です。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。