厳冬期は冷却水の凍結に注意

冷却水の流れ
冷却水が凍るとエンジンを冷却できない

 この時期は、寒冷地にスキードライブに出かける人も多いと思います。そのときに、バッテリーの状態などをチェックする人でも、冷却水の濃度までチェックしている人は少ないのでないのではないでしょうか。


 ご存じのように、冷却水にはロングライフクーラント(LLC)という不凍液が混入してあるため、めったに凍ることはありません。
 しかし、LLCの混入濃度はいろいろあり、寒冷地使用でなければ、一般には30%となっています。この濃度では、マイナス10℃以下になると凍結の恐れがあります。


 寒冷地に住んでいる人は、LLCの濃度については神経を遣っていると思いますが、そうでない地域の人は意外と無頓着です。
 濃度を50%にすれば、マイナス35℃までは凍結しませんので、スキー場などの寒冷地に行く前には、交換しておくと安心です。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。