パワーウインドを操作する前に一声かけて

写真は消費者庁のポスター
写真は消費者庁のポスター

 最近は、子どもがパワーウインドに挟まれる事故が多発して問題になっています。皆さんのなかには、子どもを乗せる機会が多い人もいると思いますので、今日は防止対策をお話しようと思います。

 

 消費者庁によると、意外にもこのような事故のほとんどが、大人が操作して起きているとのことです。とくに、運転席の大人が、後部座席の窓を操作して事故に至るケースが多くなっています。

 

 窓の開閉操作をする前に、 「窓を閉めるよ」 「危ないから窓に近づかないで」 と同乗する子どもたちに、一声かけるだけで、多くの事故が防げます。

 

 また、チャイルドシートを使っていれば、幼児の手は窓の上端に簡単には届きません。チャイルドシートがあれば、必ずご使用ください。
 そして、子どもが自分で操作しないように、ロック機能も使ってください。

(2011年1月31日更新)

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。