◆運転中の意識障害に備える

ドライバーの健康問題を把握していますか?

 ドライバーの持病などが影響して、運転中に意識障害を起こして思わぬ事故に結びつく場合があります。


 事業用自動車に対しては、国土交通省が健康管理マニュアルのひな形を公表して注意を呼びかけています。また、全日本トラック協会も、独自にマニュアルを作成していますが、一般の安全運転管理事業所においても、営業マンやマイカー通勤者など毎日ハンドルを握る従業員が運転に影響を及ぼす疾病を抱えていないか、個々に把握して管理・指導しておくことが大切です。

運転中に意識障害を起こし、踏切で自転車2名死亡!

踏切 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理

 先日も、こんな事故が発生しています。

 

 2010年12月30日、三重県四日市市の近鉄線踏切で、自転車の男性が2名後ろから来たワゴン車に追突されて踏切内に押し出され、電車にはねられて死亡しました。

 

 このワゴン車を運転していた男性(歯科医師46歳)は、自動車運転過失致死傷罪で逮捕されましたが「事故時のことを覚えていない」と供述しています。実は、てんかん発作などにより一時的に意識障害を起こすおそれのある持病を持ち、この日も発作を起こした可能性が高いのです。


 通院し投薬を受け、しばしば意識障害の発作が生じるので、主治医から「自動車運転を控える」ように指導されていましたが、本人は強く運転を禁じられたようには感じていなかったようです。

糖尿病などの治療薬でも意識障害が発生する

薬の副作用 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理

 事故を起こした歯科医師のケースは特殊な例のように考えがちですが、実際には多くの病気の治療薬などで、強い眠気を覚えるドライバーがいます。


 たとえば、糖尿病の治療でインシュリン投与をしている人は、過剰投与や食事の量が不適切だったりすると低血糖状態に陥り、運転中に意識障害が発生する可能性があります。実際に低血糖状態で事故を起こし、禁錮3年の実刑判決を受けたケースもあります。


 また、風邪をひいていたのに無理をして薬を飲んで運転したバスの運転者が、意識喪失によってトンネル内で接触事故を起こした事例があります。


 うつ病の治療薬の一部にも、強い眠気を伴うものがあるので注意が必要です。
 このほか、これからの季節は、重い花粉症のため、頭がボーッとして漫然運転に陥る危険性も無視できません。

薬の副作用を必ず確認させる

薬の副作用 安全運転 事故防止 安全運転管理 運行管理

 医者が投薬の際に「自動車の運転を控えるように」と指導するケースもあります。

 しかし、患者が毎日仕事で運転するドライバーであるとは知らずに、一般事務の従業員と思いこんでいる場合や、運転について意識しない医師の場合は、強く指導しなかったり、全く指摘することを忘れる可能性もあります。

 ドライバー自身が医師に確認するように意識づけることが大切です。

 

 管理者としては、健康診断の結果などにも留意し、疾病・薬の使用などと運転の可否を総合的に判断しましょう。

危機管理意識を高めよう 安全運転管理 運行管理 交通安全 事故防止

■マンガでわかる──交通事故に結びつく健康リスク

健康管理と安全運転

【 小冊子 ── 健康管理と安全運転 】

 この冊子では、ドライバーが健康管理を徹底していなかったために発生したと思われる、重大事故等の6つの事例をマンガで紹介しています。

 

 各事例の右ページでは、垰田和史滋賀医科大学准教授(医学博士)の監修のもと、日々気をつけなければならない健康管理のポイントをわかりやすく解説しています。

 健康管理の重要性を自覚することのできる小冊子です。

 

 【詳しくはこちら

 

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月26日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。