タイヤの空気圧点検を忘れずに

空気圧点検 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理

 タイヤは車の中で唯一路面と接触しているパーツです。それぞれのタイヤはハガキ1枚分程の面積で車体を支えているのです。
 ですから、タイヤを定期的に点検しておくことは安全運転のために非常に重要です。


 JATMA((社)日本自動車タイヤ協会)が2010年に全国の高速道路、一般道路で合計33回行ったタイヤ点検のデータによると、点検を行った1,903台のうち、タイヤの空気圧が不適正なまま走行している車両が451台(23.7%)も見つかりました。

 

 空気圧が低いと燃費が悪化したり、ハンドルが思うように切れなくなり安全性に影響します。また空気圧が高すぎるとタイヤの偏摩耗の原因となります。

 

 空気圧は最低でも1か月に1回は給油の際にガソリンスタンドなどで点検するようにしてください。セルフ式のガソリンスタンドでは、空気圧測定もセルフの場合がほとんどですが、決して難しくはないので挑戦してみましょう。

(2011.02.02更新)

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。