4輪駆動車は全部同じタイヤでないと危険

 皆さんのなかには、4輪駆動車(4WD車)に乗っている人もおられると思います。

 

 4輪駆動車は、ご存じのとおり4輪とも駆動輪なので、タイヤを交換するときには、4輪とも同じタイヤにそろえないと危険なことを知っていますか。

 

 4輪駆動車が走行中に発火した事故がときどきあるのですが、その原因は、パンク時に取り付けた応急タイヤで長期間走行したり、前輪2輪、または後輪2輪だけ別のタイヤと交換したなど異なった種類のタイヤを着けていたために事故が起こっています。

 

 タイヤの径や種類が違うと、4輪駆動車ではデファレンシャルギヤに大きな負担がかかって異常加熱し、ひどいときは焼き付いて走行不能になったり、最悪の場合は発火して車両火災につながる危険があるのです。

 

 春になって、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換するときも注意してください。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育教材資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。