平成22年中の交通事故発生状況(死亡事故)

平成22年中 交通死亡事故

65歳以上の高齢者の死者が初めて半数を超える
──負傷者数も16年ぶりに90万人を下回る

 

 平成22年中の交通事故死者数は、4,863人で、57年ぶりに4千人台となった昨年をさらに下回り、10年連続で減少しました。

 ◆死者数  4,863人 ―51人(―1.0%)
 ◆発生件数  725,773件 -11,701件(-1.6%)
 ◆負傷者数  896,208人 -14,900人(-1.6%)

  一番死者数が多かった昭和45年の16,765人と比べて、3割以下の水準にまで下がっています。

 また、発生件数は72万5,773件、負傷者数は89万6,208人で、ともに6年連続して減少し、負傷者数は平成6年以来16年振りに90万人を下回りました。


 都道府県別にみますと、一番死者数が多かったのは北海道と東京都の215人で、続いて茨城県の205人、大阪府の201人でした。一番少なかったのは島根県の31人でした。

 

 年齢層別の死者数では、65歳以上の高齢者の占める割合が初めて5割を超えています(構成率50.4%)。次いで50歳代(同10.1%)、若者(16~24歳)(同9.6%)の順に多くなっています。

 ただし、前年と比較すると、若者、50歳代、高齢者の年齢層では死者数が減少しており、その中では、若者(前年比-50人、-9.6%)と50歳代(同-34人、-6.5%)の減少幅が目立っています。


 詳しくは、政府統計WEBサイトをご覧ください。

 

平成22年中 交通事故年齢層別死者数
過去の交通事故統計 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。