バックするときは一呼吸おこう

バック走行 安全運転 事故防止 安全運転管理 運行管理
同乗者がいたら誘導してもらうようにしましょう

 ベテランになればなるほど、バック時の接触事故が多いと言います。


 ベテランドライバーは、長年の慣れからチラッとバックする方向を見ただけで、バックを始めたり、ミラーなどでチラッと後方確認するだけですぐにバックを開始するからです。

 

 これは、運転の「認知」「判断」「操作」という流れから「認知」を省略して「判断」「操作」していることになり、大変危険な運転行動です。

 

 バックするときは、後方の安全確認を十分にすることはもちろんですが、バックギアに入れてすぐにバックしないことが大事です。

 

 バックブザーが鳴り、一呼吸おいてバックする習慣を身につけてください。


 それから、バックするときは一気にバックするのではなく、歩行者が歩くくらいのスピードでバックしましょう。

過去の朝礼話題 安全運転管理 運行管理 交通安全 事故防止 教育資料
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。