オイルのグレードについて知っておこう

交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料

 オイルを交換するときに、どのオイルを選んだらよいか迷うことがありませんか。


 オイルの分類について、簡単な知識ぐらい知っておくと便利ですので、そのお話をしたいと思います。


 オイルの性能、用途を示すものとして、アメリカ石油協会が定めたAPIサービス分類という指標があります。


 この指標は、ガソリンエンジン用ではSAからSMまであり、すべてSから始まりアルファベットがABC…と進むにつれてグレードが高くなっていきます。ディーゼルエンジン用はCで表示され、CFが最高グレードです。


 少し前までは、SF、SG、SHタイプがよく使われていましたが、最近では「低排出ガス車」「省燃費車」が出回っており、こうした車や高級車には最高級のSL、SMタイプが普通に使われるようになってきています。


 このような車に低いグレードのオイルを入れると、せっかくのエンジンの性能が生かせない場合があるので、注意してください。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。