平成22年中の30日以内死者は5,745人

■「30日死者」が増加に転じる

交通事故 30日死者 平成22年中

 平成22年中の交通事故による30日以内死者数は5,745人で、10年連続の減少となっりましたが、30日死者については、平成5年以降初めて増加に転じました。
 また、24時間死者に対する30日以内死者の比率は、平成18年までは漸減傾向であったものの、19年以降は増加に転じ22年は1.18倍となっています。

 30日以内死者  5,745人 ―27人(―0.5%)
 → うち24時間死者
 4,863人 -51件(-1.0%)
 → うち30日死者    882人
+24人(+2.8%)

  「30日死者」とは、交通事故が発生して24時間経過後30日以内に死亡した者

  「30日以内死者」とは、「24時間」と「30日死者」との合計をさす

 

平成22年 交通事故 30日以内死者

■30日死者では、高齢者の割合が6割に

 交通事故発生から死亡までの経過日数別にみると、、交通事故発生から24時間以内に死亡した者が全体の84.6%(4,863人)を占めています。

 その後は、3日以内で全体の約9割を占め(5,107人、累積構成率88.9%)、10日以内での累積構成率は95.5%(5,489人)に達しています。

 また、30日以内死者の年齢層別構成率は、高齢者(65歳以上)の占める割合が51.7%で、24時間死者の高齢者割合50.4%に比べて高くなっています。

 さらに、30日死者の高齢者では6割近くを占めています。 

 詳しくは警察庁のWEBサイトをご覧ください。

 

平成22年 30日以内死者 高齢者(65歳以上)
過去の交通事故統計 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月23日(水)

幼児を残したまま車を離れない 停止時の措置を徹底しましょう

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。