イヤホーンでの携帯通話は危険

 みなさんのなかには、運転中に携帯電話を使用している人はいませんよね。


 しかし、なかにはハンズフリーは、使用が禁止されていないために、ハンズフリーを使用して通話している人もいると思います。


 しかし、ハンズフリーでも、イヤホーンを使うタイプは、各都道府県が独自に定めた道路交通法施行細則で禁止されている場合があります。


 「イヤホーン等を使用し又は高音でラジオ、カーステレオ等を聞くなど安全運転に必要な交通に関する音声が聞こえない状態で車両を運転しないこと」といった条文があり、これに抵触するのです。


 しかし、よく考えれば「安全運転に必要な音声が聞こえない状態」で運転するのは、禁止されているいないにかかわらず、危険ですよね。

 

 前にも話しましたが、ハンズフリーの使用は、通話に気を取られて危険源を見落とす、反応時間が遅れるなどのリスクが増加します。ハンズフリーでも、運転中に通話しないようにしましょう。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。