◆新入社員にトラブル発生時の教育を徹底しよう

 4月から新入社員を迎えた事業所も多いことでしょうが、研修時に交通安全指導を実施するときに押さえておきたい点の一つは、故障や事故発生時など緊急時の措置をしっかり教えておくことです。

高速道路でのトラブル発生時の対処を指導

 新入社員のほとんどは、事故やトラブルのとき、どのような措置をすればよいか知らないので、基本的なことからきちんと指導しておきましょう。


 とくに、高速道路でのトラブルに関しては注意が必要です。
 最近、パンク等のため高速道路の路肩に車を止めて修理をしていた乗員などが、後続車にはねられて死亡する事故が多発しているからです。


こうした事故の要因としては、
・ハザードランプを点けず、停止表示器材も置かずに停止している
・車の中に乗員が残っていたり、車の近くの路上で修理を見ている

・車の前後に立って、後続車を見ないで携帯電話をかけている
・橋の上など、ガードレールがなく道路外に退避できない場所で停止している
といったことが挙げられます。

 

高速道路で故障などが発生した場合は以下の点を守ることが大切です。

・慌てて停止せずにハザードランプを点灯して、ノロノロ運転でもいいので、可能なかぎり惰力走行する
・非常駐車帯等を探すか、できればSA・PAまで惰力走行して故障に対処する
・事故やガス欠等でやむを得ず現場の路肩に停止する場合、発炎筒や停止表示器材で後続車に危険を知らせる
・高速道路の非常電話か携帯電話で110番通報し、必ず救援依頼をする
・路肩でパンク修理をせずに、後続車に注意しながらガードレール等の外に退避して、救援を待つ


 なお、タイヤから火が出ているような場合は、木の茂った路肩に不用意に停止すると山火事などを誘発する恐れもありますので、停止する場所は慎重に選ぶ必要があります。

トラブル発生時措置の「見える化」を図ろう

事故・故障時の処理手順
トラブル発生時の処理手順カードの例

 また、研修時に教育するだけでなく、実際の緊急時に役立つように、トラブル発生時の基本措置をカードなどに明記しておきましょう。

 カードは、全社有車のダッシュボードに設置しておくとともに、コンパクトな情報にして社員手帳などにも掲載しておきます。


 これらのカードを新入社員教育に使用し、トラブル発生時にはダッシュボードを開けて確認するように意識づけることが大切です。

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月26日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。