渋滞するとすぐ裏道に入っていませんか

 幹線道路を走行しているときに、渋滞してきて信号待ちが多くなると、そのまま走行する人と、すぐに信号のない裏道に入る人がいますよね。


 みなさんはどっちのタイプでしょうか。


 裏道に入る人は、裏道には信号がないので、早く行けるだろうと考えているのかもしれませんが、裏道を走行しても、そんなに時間短縮にはならないことをご存じでしょうか。


 というのは、裏道はいくら信号がないといっても、道幅も狭くて歩行者や自転車が行き交っており、駐車車両や看板などの障害物も多く、そんなには速くは走れません。


 都市部の同じ場所から11キロ先の目的地まで2台同時にスタートさせ、1台は幹線道路を通り、もう1台は裏道を通って所要時間を計った実験があります。その結果はどうだったのでしょうか。


 時間は約50分くらいかかったのですが、ほとんど同時に目的地に到着しました。


 つまり、裏道走行は思っているほど時間の短縮にはなりませんし、逆に事故を起こす可能性が高くなるので、必要もないのに裏道を走行するのはやめましょう。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。