幹線道路へ合流するときは歩道の自転車に注意

 狭い道路から幹線道路へ合流するときに、歩道を走ってくる自転車を見逃し、ヒヤッとした人は多いのではないでしょうか。


 合流するときのドライバーの意識は、合流していく車線のほうに意識が集中しています。そのため、歩道の安全確認が疎かになり、一気に合流しようとしたとき、歩道の自転車と衝突しそうになるのです。

 

 左折して合流する場合には、左側の歩道からくる自転車を見逃しやすいので、とくに注意しなければなりません。

 

 左折の場合には、右側から来る車がいるかいないか、ということに意識が集中してしまいますので、走行車両が来ていないと左側の安全確認をせずに一気に左折して、歩道の左側から走ってくる自転車を見落としてしまいます。

 

 合流するときには、歩道を走行している自転車の存在を忘れないようにしてください。


 とくに、急いでいるときには自転車の存在を忘れますがちになりますので、こういうときこそ「歩道の自転車に注意」と言い聞かせましょう。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月27日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。