新しい通勤・通学者に注意しよう

 4月に入ると、新入学児童や園児が道路にあふれていますので、気をつけなければなりませんが、気をつけるのは小さい子どもだけでありません。新しく中学・高校・大学・会社に通い始める人にも注意しなければなりません。


 学校や会社に通い始めて1年以上経過している人と初めて通う人とでは、危険に対する感性や交通行動がまったく違います。


 新しい通勤・通学者は、初めて通る道路が多く、どこにどんな危険があるのかをまったく知りませんし、危険を危険だと思っていないこともあります。また、それまで徒歩で通っていた人が自転車で通うこともあり、そのためより危険な行動をとることが少なくないのです。


 たとえば、この時間帯ならここの交差点では絶対に出て来ないと思っていても、4月になると自転車で新しく通勤する人や通学する人がいて、そこの交差点から飛び出してくることがあります。


 4月になると、3月までは安全だったという経験は通用しないと考えて、安全確認を徹底するようにしてください。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。