トンネル内では車線変更をしないで

 最近の高速道路のトンネルは、照明設備もよくなって明るくなりましたが、それでも昼間の明るい外部から入ると随分と暗く感じます。


 皆さん経験があると思いますが、暗いトンネル内では前車のスピードや距離などを正確に把握することは容易ではありませんよね。なかには、黒っぽい車でライトを点灯していない車がいると、存在を見落とすこともあります。

 

 見えにくいのは、自分だけではありません。周りのドライバーも当然見えにくくなっています。つまり、トンネル内ではすべてのドライバーが視認性の悪い状況で運転しているのです。

 

 そういう状況下で、車線変更をするということは、事故の可能性を自ら高くしていると思いませんか?。

 

 トンネル内では、スピードを落としてゆっくりと走っている車もおり、その後を追従するのはイライラすることもあります。そういうときでも、強引に車線変更して追い抜いていかないようにしましょう。

 

 トンネルは延々に続くことはありませんから、少し我慢してトンネルを出てから車線変更をするようにしましょう。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。