自転車を追い越す際には愼重に

自転車追い越し

 車を運転していて、自転車の動きにヒヤッとしたことはありませんか?
 残念ながら、自転車に乗っている人はあまり交通ルールを意識をしていませんから、車を運転するときには十分注意しなければなりません。


 さて、自転車は車両であり、原則車道の左側を走行しなければならないことは知っていますね。
 当然、自転車と車ではその速度に大きな差がありますから、自転車が車道を走行していれば車は追い越していかなければなりませんが、ここに大きな危険が潜んでいます。


 まず、ほとんどの自転車にはバックミラーが付いていませんから、こちらの状況を確認せずに突然右折するなど、自分勝手な運転行動をとります。
 また、高齢の方が運転する自転車が大きな荷物を前カゴにいれていたりすると、ふらついてしまってコントロールが効かなくなることもあります。


 ですから、自転車を追い越す際には、できるだけ自転車との側方間隔をとるようにしてください。
 片側一車線の道路で対向車が来ている場合には、速度を落として自転車との側方間隔を十分確保できるところまで追い越すのを待ちましょう。

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。